三姉妹の父の話

カングーエンスト【ピロシ修理編】

この間、買い物の帰りに 私の愛車カングーさんがエンスト…( ゚д゚)

早速 我が家の修理部のピロシに連絡!

RIMO(母)

カングーさん 止まっちゃった!

もう ダメかも〜〜

旦那ピロシ

大丈夫! それはすぐに直るよ

旦那ピロシ

どんな処置をするか 順を追って説明するよ!

今回の症状、エンジンをかけたばかりの時で

アイドリングが低くなっているときに発生。

アイドリングが低くなるのは、たいがい

スロットルバルブが汚れて空気が通りにくくなってるか

どこかでエアを吸い込んで、混合気がうすくなってるのが原因。

コンピューターにも異常がでず症状は軽そうなので

ひとまず洗浄で様子を見ます。

作業は超簡単。エアクリーナーを取って

スロットルバルブボディにつながるプラスチックのケースの

ボルト2本を外すだけ。

(E8のトルクス)

長さが違うことと、ケースの中に、

ボルトのガイドスリープがあるので、落としたり無くさないように注意します。

ケースを外したら、エンジンをかけ、

キャブレタークリーナーを吹き付けます。

あと、上部についているアイドルコントロールバルブを外して

ここからもスプレー

 

グワーンとアイドリングが上がるので、

バルブを戻したり外したりして吹きかけますが、

ものの数回で、アイドリングも安定して

いい感じ。

組み付ける際に、
スロットルボディのOリングを外して


空気の機密性を高めるために
レースに、3M製の耐熱テープを
一巻き巻きました。


これはOリングがもし痩せていても
機密性を上げるため。
もちろんOリングにはモリブデングリスを
塗ってさらに機密性をあげておきます。

あとは組み付けて終了。

旦那ピロシ

一応なおりました。

現場からは以上です

にほんブログ村 子育てブログ 女姉妹だけへ
↑↑にほんブログ村の「子育てカテゴリー」のランキングに参加中です!いつも応援クリックありがとうございます(//∇//)

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA