DIY部

ブロック塀の補修を千円以内でやってみる【前編】

運転歴6年目の私

油断した頃にやってしまった!

家のブロック塀にタイヤを当ててしまい 中間地点に亀裂と穴が

RIMO(母)

DIY部部長〜 出番です〜

DIY部部長

呼んだ?

ブロック塀の修理① 型をとる

亀裂によって穴が空いてしまったので DIY部部長に修繕してもらうことにしました

※あくまで 素人がやってますことを ご了承くださいませ f^_^;

修繕用に購入したもの

紙粘土(2個) ・・・220円

色調整用の赤レンガ・・・88円

セメント(補修剤)・・・380円くらい

DIY部部長

ではまず 紙ねんどで 型をとるよ

DIY部部長

補修しない箇所で型をとるよ

RIMO(母)

紙粘土を剥がしやすいように オイルスプレーしてるのね

DIY部部長

そうだよ 今回は 自転車のチェーンオイルを使ったよ

DIY部部長

貼り付ける側の紙粘土にも、さっきのオイルをスプレーしたよ

DIY部部長

紙粘土を貼って しばらく時間をおくよ

RIMO(母)

綺麗に型が取れてるね

30分か1時間くらいで、まだ完全に固まる前に剥がすのがポイント

ブロック塀の修理② 補修する箇所に型を付ける

RIMO(母)




補修箇所に さっき取った型を つけるのね

DIY部部長

型をつける前に ブロック塀のコケや汚れを落とす

ワイヤーブラシ(200円弱くらい)を使うといいよ

DIY部部長

汚れが落ちたら 型をつけるよ

DIY部部長

密着させるために (特に下の部分を)しっかり押し付けるよ

ハンマーで押し付けたけど 叩いちゃダメだよ!

DIY部部長

養生をするよ

廃材と日曜大工で使う道具で抑えたけど 抑えられれば何でもOK

ブロック塀の修理③ 流し入れるセメントを作ってもる

DIY部部長

使ったセメントはこれです

380円くらいで買えるよ

DIY部部長

今回は 側面は赤みがあるから

色調整のために 赤レンガ(88円)を買ったよ

DIY部部長

これを砕いて セメントに混ぜる

叩いて割るから 端材で枠を作って作業すると飛散防止になって良い

DIY部部長

セメントと砕いた赤レンガを混ぜるよ

今回は 同じ分量ずつ 入れたよ

DIY部部長

ちょうどいい硬さになるまで水を少しずつ入れながら調整するよ

セメントは混ぜたら 固まり始める前に なるべく手際よく もる

DIY部部長

作ったら すぐにセメントをもる(流し入れる)よ

急いでたから 写真がなくてごめん!

DIY部部長

今度は上の部分のセメントを作るよ

セメントに同じように水を少しずつ入れて調整するよ

DIY部部長

上の部分のセメントを もるよ

塗料を混ぜるへらを使うといいよ

ブロック塀の修理④ あとは乾くのを待つのみ!

DIY部部長

これで うまくいくはずなんだけどな

RIMO(母)

おーー!ドキドキするね

そんなこんなで 後編へ続きます!

部長おつかれさまでしたヽ(*´∀`)

うまくいってるといいなぁ〜

ブロック塀の補修を千円以内でやってみた【後編・完成】昨日 挑んだブロック塀の補修。いよいよ養生を外してみる。ちゃんと波型の形も綺麗に出てたし、赤みのいい感じに再現できました!DIY部部長(旦那さん)頑張りました!千円以内でここまで補修できたら御の字だね。ただ、旦那さんとしては一つ心配事があるみたい。それは赤みを再現するために行ったことによって配合が変わってしまったこと。これが強度に影響するかどうか。しばらく様子をみてまたレポートもします。とりあえず補修は成功でした。...

Q 襖に穴あけたのは誰でしょう?

にほんブログ村 子育てブログ 女姉妹だけへ
↑↑にほんブログ村の「子育てカテゴリー」のランキングに参加中です!いつも応援クリックありがとうございます(//∇//)

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA