親子で読書

小2と読む『ランドセルは海を越えて』

『ランドセル海を越えて』の本を三女ちゃんと 読みました

三女ちゃんが選んだ この一冊

読み聞かせをしながら思わず涙が溢れてしまい なかなか読み進めるのに苦労しました

この本は カメラマンの内堀タケシさんの写真と文で綴られた一冊です

舞台は アフガニスタン

日本の子供たちが使わなくなったランドセルをアフガニスタンの子供たちに送る活動があります

その活動を通して アフガニスタンの子供たちの様子を

内堀さんの写真と文章で語られています

1枚1枚の写真の中の アフガニスタンの子供たちの

ランドセルを受け取った時の宝物を手にしたような笑顔

生き生きと真っ直ぐに生きている姿が美しすぎて

胸がつまりました

アフガニスタンの現状

長く紛争状態が続いているアフガニスタンは とても貧しい国

生まれてから5才になる前に亡くなってしまう子供も多い国

電気やガス 水道もありません

火は薪でおこし 水は自分たちでくんで運んでいます

電気がないので ランプやろうそくで明かりを灯しているそうです

アフガニスタンの子供たち

子供も大事な働き手として考えられているこの国では

誰もが 6才になったからといって 学校へ通えるわけではありません

通うことができても カバンや文房具を揃えられるわけではありません

校舎は内戦で崩れていて でもそのまま学校のあった場所で

屋外を教室として使っていたり

小さな黒板だけが 学校の印だったり

教科書も ノートも 鉛筆もなく 地べたに書いてみたり

ただ先生の話を聞いている状態の学校も多いそうです

それでも みんな 学校が大好きだそうです

アフガニスタンの子供たちは ランドセルを知りません

日本から送られた丈夫なランドセルは カバンはもちろん 机がわりにも使われています

ランドセルを受け取った子供たちの顔は 喜びと希望に満ちていました

アフガニスタンの子供たちにとっても

アフガニスタンに暮らす大人たちにとっても

ランドセルは希望の象徴なのかもしれません

本を読んで 三女ちゃん(8才)の感想

三女ちゃんは

日本では学校があって ノートや教科書が当たり前にあって

みんなランドセルを背負って学校に行く

そのことが当たり前ではない国がある ということに驚いていました

三女ちゃん

卒業したら ランドセル送りたいな

三女ちゃん

ランドセルの中には えんぴつと けしごむ あとノートも入れておこうね

あと おてがみも 入れたいな

私にできることは 何だろう

アフガニスタンだけではありません

信じられないとこですが 今もまさに この日常の中で 戦争が起こっている国があります

豊かな日本にいて この場所から 私にできることなんてあるんだろうか

大きなことはできそうにありません

でも 今回のように ランドセルを贈る活動に参加することも一つのできること

この活動じゃなくてもいいのです

ランドセルは6年間共に歩んだ子供達の成長の証

手放したくないお子さんだっているでしょう

それはもちろん大事な気持ちです

その気持ちは自分の気持ちとして大事にしてほしいと思います

内堀さんのように 写真で現状を伝えるような素晴らしい活動はできなくても

何かを発信することはできるかもしれない

文章 音楽 イラストや漫画 映画で発信する人もいるでしょう

何か行動を起こせるきっかけを探るためにも

まずは『知る』ことが 私たちにも 子供たちにもできる

とても大事なこと 大切な一歩だと思います

これからの世界を作っていくのは子供たちですから

子供たちが 世界で起こっていることを知り

何かを感じるきっかけを

数々の力強い写真や言葉を通して与えてくれる一冊でした

にほんブログ村 子育てブログ 女姉妹だけへ
↑↑にほんブログ村の「子育てカテゴリー」のランキングに参加中です!いつも応援クリックありがとうございます(//∇//)

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA