三姉妹の母の話

卒業式当日朝の悪夢

悪夢は ちょうど五年前

長女さん小学校卒業式の朝におきた

その日 いつもより少し早く目覚めた

今日はいよいよ卒業式かぁ

長女ちゃんのランドセル姿ももう見れないのね

大きくなっちゃって

そんな感傷にしみじみしながら

いつも通り

お手洗いに入り

いつも通り

出ようとしたその時

ん?

ガチャガチャ

んん??

ガチャガチャガチャ

RIMO(母)

・・・鍵が開かない

母 卒業式の朝 トイレに閉じ込められる

えーーーーーーーー

そんなことある?

まさかまさか…

RIMO(母)

トイレに 閉じ込められてる…

しかも卒業式の朝よ

狭い個室に1人

ただ焦る…

頭の中が ぐるぐるとぐちゃぐちゃで パニック…

トイレの中から『開けて〜』と叫ぶ

とりあえず トイレから呼んでみる

起きそうな人… 起きそうな人…

RIMO(母)

パパーーー

長女さーーーん

RIMO(母)

パパーーー

長女さーーーん

この2択に託すが…

誰も起きてこない…

だってここは2階のトイレ

当時の寝室は3階だもの(T ^ T)

時計が見れないことが一番の焦り

まずいなぁ…

今 何時だ…

確か5時半くらいだったはずだけど…

見間違ってないよね?

時計止まってなかったよね?

あ〜時間が知りたい!

旦那さんに電話したい!

時間がわからない

連絡がつかない

これが怖くて仕方ない

太さ1mmの針金で 無事救出される

その後

わたしの必死な叫びが届いたのか

ただならぬ殺気を感じ取ったのか

旦那さんが奇跡的に起きて来て

無事 救出されました!!

救出に使ったものは 太さ1㎜の針金

この針金を

Uの字にして

ドアと扉の隙間の鍵の部分を Uの字でまたぐようにする

そして 針金を手前に引っ張る

我が家の場合は この3ステップで 鍵が開きました

今後の対策① 太さ1mmくらいの針金を備えておこう

念のため 自宅のトイレのドアと壁の隙間を通る太さで しっかりしたものを用意しておくといざという時に安心ですね

我が家にあったのは太さ1mmの針金と0.3mmの針金

ちなみに0.3mmの針金は細すぎてできませんでした

あまり細すぎると思うように 動かしにくいです

今後の対策② トイレには携帯を持参しよう

この案件以来

携帯なしではお手洗いには入れなくなってしまった 私です

携帯があれば

時間もわかるし

誰かを呼ぶこともできるし

もし家に自分しかいなかったら外部の人も呼べるので安心です

今後の対策③ 心配な時は“鍵をかけずに” も ◯

わたしは 家に1人の時は 鍵はかけません

もう 怖くてかけれないのですf^_^;

でも これも 許されるなら

対策の一つだと思います

明日は次女ちゃんの卒業式

こんな五年前の朝のことを懐かしく思いながら

明日の朝も 携帯を持って行動するであります

五年前 長女さんの卒業式にて
にほんブログ村 子育てブログ 女姉妹だけへ
↑↑にほんブログ村の「子育てカテゴリー」のランキングに参加中です!いつも応援クリックありがとうございます(//∇//)

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA