親子で読書

本『「のび太」という生き方』

のび太は実は、人生の勝ち組であった

冒頭 この文章から始まる この本『「のび太」という生き方』

勉強も運動も苦手で ぐうたらしてばかりの のび太。

でも、映画版で大活躍し、しずちゃんとの結婚と、実は人生の成功者だったのです!

そんな のび太から、無理せずに自分らしく生きて夢まで叶えてしまう方法を学んでみませんか?

ポケット版 『「のび太」という生き方 』より

これは富山大学名誉教授であり 教育学を研究し 『ドラえもん学』をも研究されている横山泰行著の本です

『ドラえもん学』とは

『ドラえもん学』とは 国民的マンガ『ドラえもん』を徹底的に調べるという学問で この本の著者 横山泰行さんが提唱したものだそうです

「吹き出し」「ひみつ道具」「登場人物」「事項索引」といったデータベースを作成し それらに もとづいて 登場キャラの行動やセリフを分析したりしたそうです

『ドラえもん(てんとう虫コミック)』だけでも 全コマ数は なんと64811

全セリフは 46959

15年以上にわたり 年平均2000時間継続して 全作品を100回以上読んで研究されたとのこと

その研究から著者は『「のび太メソッド」を使えば 誰でも成功する!』と記しています

この本では 無理せず自分らしく生きる37の方法のび太メソッド1〜37という形で記されています

のび太メソッド6】思い立ったら即実行

37つあるのび太メソッドの中からいくつかのみご紹介

まずは【のび太メソッド6】思い立ったら即実行・行動が裏目に出ても構わない

後悔するような行動でも 何もしないでいるよりはまし

『ドラえもん』には そんなメッセージが感じられる作品も多くみられる

失敗から、自分にあったやり方を探す鍵が見つかるのです

そう思えば、たとえ自分のしたことが裏目に出てしまっても、ひとつ学んだと思えませんか?

のび太メソッド8】有能でも優しさがなければ敵を作ってしまう

みんなも知ってる“出来杉くん”

勉強もスポーツもできて おまけにイケメンという なんとも完璧すぎる存在

でも 相手の感情を読み取ったり 対人関係を上手にすることが苦手で 実は EQ(心の知能を測定する指標)が低い とのこと

私がハマってるドラマにも出てきたなぁ〜EQ

ドラマ『scorpion』が面白すぎて寝不足の話とKERのEnglish伝言ゲーム私、アメリカのドラマ『scorpion』にどハマり中。天才集団『scorpion(スコーピオン)』4人組が 己の頭脳と技術をフル回転して 不可能と思われる事件を華麗に解決していくお話。この天才たち 頭脳はアインシュタイン並み(より上とも)…の反面。彼らは IQはめちゃくちゃ高いのに EQ(心の知能指数)が著しく低い。円滑な人間関係を築いていくことができないのだ。その不器用さがなんとも愛おしい! ...

IQとEQのバランスが取れ 高い水準にある人たちが自ら能力を上手に発揮できる存在と言えます

みんなが嫌がる宿題も「大したことはない」と言い切ってしまう出来杉くん

敵を作ってしまいそう…とのこと

どんなに有能でも、周囲の気持ちに配慮できる思いやりや優しさ、柔軟性は重要といえる。

これこそ、出来杉にはなく、のび太にはあるもの。

しずかちゃんのコンプレックスの話

これも 私が印象に残ったお話の部分

しずかちゃんが 自分のコンプレックスの話をする回のことに触れています

しずかちゃんのコンプレックスは自分の“目”だそうで『アニメのような パッチリとした目になりたい』と言います

どんなに完璧に見える人でも、生きていくうえで、悩みやコンプレックスはつきもの。

でも、人知れず何かに悩んでいるから、何とかしようと思って頑張れるのです。

物事を違う角度から見る

今回の本を読んで あらためて物事を違う角度から見てみることの重要さを感じた

つい悩んでいる時や うまく行かない時は 物事の一方向に囚われてしまっているように思う

一旦 同じ出来事を違う角度から見てみると 違う答えが見つかったり 意外な解決策があったり

物事はその人の受け取り方で変わる

同じ出来事でも それを嬉しいと感じる人もいれば 悲しいと感じる人もいる

なるべくなら いい方向から捉える出来事が増えていくといいなぁと

この本を読んで改めて思ったよ

そう簡単なことばかりじゃないけどね(。-∀-)

寝グセが スネ夫ヘア…
にほんブログ村 子育てブログ 女姉妹だけへ
↑↑にほんブログ村の「子育てカテゴリー」のランキングに参加中です!いつも応援クリックありがとうございます(//∇//)

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA