いきもの係

金魚スターターキットと同時に買っておくべきもの3点

金魚を飼うことが決まり こちらのスターターキットと砂利を購入しました

そして始まった 金魚ちゃんとの生活

今となって思うこと

これらとほぼ同時に買っておくべきものがあった!

それがこの3点です

同時に買っておくべきもの① テトラテスト 6in1

水質検査試験紙が25回分 入っています

この試験紙1枚で6つの成分の検査が全部できます

1)硝酸塩

2)亜硝酸塩

3)総硬度

4)炭酸塩硬度

5)ph(ペーハー)

6)塩素

RIMO(母)

使い方は簡単!

水槽の水に1秒つけるだけ

してね

RIMO(母)

1分後 各部分の色を比較してみてね

簡単に比較できるようになっているよ!

RIMO(母)

我が家の水槽は 亜硝酸塩が基準値を超えてしまっていた…

説明書にも対処法が載っています!

同時に買っておくべきもの② 水温計

今となれば 本当に最初から買っておけばよかったと心から思う

金魚の適温は15度〜28度とのことなので

RIMO(母)

様子を見て 買い足せばいいかな…

と思ってしまっていた・・・

もちろん水温が適温か知ることも大事なのだけど

水温計が無いことで 問題だったのは 水温の変化がわからないこと!!

金魚にとっては 急激な温度変化はストレスにもなるし体調も悪くなってしまうのだそう…

1度ずつゆっくり変化しないと辛いとのこと

水槽の水を少しずつ入れ替えていたのだけど

バクテリアもまだ定着してない水槽はすぐに汚れてしまい 毎日少しずつ水の入れ替えをしてしまった

その都度 水温の変化が起きてしまっていたのかもしれない

①の『テトラ テスト 6in1』も まだ購入してなかったから 水質の状態を目見当でしか把握できなかったし…

同時に買っておくべきもの③ ポンプ

水槽の水を入れ替えるときに使います

初回はポンプがなかったので 入れ物ですくいながら行いました

入れ物を水槽に入れるときに 金魚に当たりそうになってしまうのでポンプがあると便利です

こちらの商品は100円ショップのダイソーで購入しました

水槽用のポンプとして販売されていたものなので 安心設計です

これで 金魚のフンも吸い取れます

ただ これでフンをピンポイントで取ろうとするのはちょっと危険!

水槽内であまり動かして使うと金魚で当たりそうで危ないので フンのピンポンとの掃除用にはこれを買ってみました

こちらもダイソーにて

〜追加情報〜

水温をキープできるミニヒーターも必要です

私が購入した時には もう遅かった…

温度を一定に保つことも 金魚ちゃんの健康に大切なので始めに準備してあげるとよいです

↑水槽20L 以下用のもの

こんな一文を書きたくはなかったけど…

我が家にお迎えした金魚ちゃんのうちの一匹 ペタちゃんがお空に行ってしまいました

朝起きて 動かなくなっていたペたちゃんを見て 子供たちとショックで固まってしまった

前の晩はいつも通りに見えてしまっていた

次女ちゃんが書いたお手紙を入れて お墓を作って埋葬しました

実感として一番感じてるのは 水に対する認識が甘かったな…ということ

金魚の命を預かるのであれば

スタートと同時に この『テトラ テスト 6in1』『水温計』『水変え用ポンプ』は必須だったと強く思う(ミニヒーターも)

見た目では気づけなかったけど 亜硝酸塩濃度が高い状態で過ごさせてしまったのだと思う

あとは ペこちゃんに関してはエサをあげすぎてしまったのもあり…消化不良もあるようで今は元気がない

残されたぺこちゃんの命を ぺたちゃんの分まで守ってあげたいです

次女ちゃんの描いた ぺたちゃんのイラストを水槽に貼ったよ

にほんブログ村 子育てブログ 女姉妹だけへ
↑↑にほんブログ村の「子育てカテゴリー」のランキングに参加中です!いつも応援クリックありがとうございます(//∇//)

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA